リグロースラボM5の効果調査!育毛有効成分ミノキシジルの効き目を高める条件を徹底解説!

本記事の内容
  • リグロースラボM5の効果は?
  • なぜリグロースラボM5は他の商品と比較して効果が期待できるの?
  • ミノキシジルはもともと育毛用途ではなく薬だった?

>>本記事は上記のような悩みを解決します。

日々の育毛活動、ご苦労さま。毛量増加計画推進課の立花賢一だ。

髪の悩みは、情報を正しく理解し、自分にあった適切な対処法を行えば改善する事ができる。
記事を読み丁寧に知識を増やしていこう。

また、モータージャーナリストでYoutuberとして登録者数が20万人オーバーの河口まなぶさんも3カ月で毛が爆増した秘訣の「デュタステリド」や「ミノキシジル」について語っているから、ぜひ見てくれ。

 

リグロースラボM5の効果は有効成分の濃さ

スーツを着た髭の男性

リグロースラボM5は、リアップX5プラスなどでお馴染みのミノキシジルを主成分としている。
AGA(男性型脱毛症)を意識している読者なら、ミノキシジル(Minoxidil)という単語は耳にしたことがあるだろう。

育毛活動に有効な成分は、あらゆる商品が色々な角度から宣伝しているが、リグロースラボM5は、数ある成分の中でも最も効果が証明されている「ミノキシジル」の配合に重きを置いた商品であり、継続が大前提となる育毛活動をする人に合わせて価格を抑えて販売している。

有効成分である「ミノキシジル」の発毛効果

育毛有効成分ミノキシジルを、リアップなどと同じ国内最大量の5%配合しているリグロースラボM5だが、評価が高い「ミノキシジル」という成分に対して、学術的な見解を示した下記を見て欲しい。

ミノキシジルの発毛効果はsulfonylurea receptor(SUR)を作動させ,(2)血管平滑筋ATP感受性Kチャネル開放による毛組織血流改善,(3)毛乳頭細胞からのVEGFなど細胞成長因子の産生促進,(4)ミトコンドリアATP感受性Kチャネル開放による毛母細胞アポトーシス抑制,のいずれかを誘起し,成長期期間を延長して,矮小化毛包を改善することによると推察される.

ミノキシジルの理学書類

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_article/-char/ja/

発毛効果があり、矮小化毛包の改善に確かな効果が有ることが伺える。

また育毛剤の副作用が気になる方は、ミノキシジル以外の「ケア」に配慮した成分を求める場合もあるだろう。

「ひとつの育毛剤に多くの成分を望む」のか「ひとつの成分に特化した育毛剤を数種類使うか」は、メリット・デメリット、流儀やコストなどが複雑に絡み合う。

正解は無いが、「この商品はミノキシジルに特化しているので育毛パワーが期待できる」という商品特性はわかりやすい。

まず、リグロースラボM5はミノキシジルに特化している事が前提の上で、他の成分や特徴を見ていこう。

リグロースラボM5の特徴

ミノキシジル5%配合 リアップX5プラス等と同じ育毛有効成分。5%含有での最安値育毛剤がリグロースラボM5。
プロピレングリコール未使用 痒みの原因といわれている「プロピレングリコール」が未配合。頭皮に優しく安心。

リグロースラボM5は育毛効果を高める条件が揃っている

ピンセットと試験管

育毛効果があるミノキシジルだが、頭皮に浸透させる力が弱いと有効成分の効果は半減する。
リアップX5プラス等と同じ高い配合量だとしても、浸透力の差で効果が変わってくるのだ。

リグロースラボM5は「リポソーム」という技術を用いて、頭皮の浸透を促進し、有効成分の効果を最大限に発揮する事ができる。

リポソーム技術

発毛効果が高いミノキシジルを、確かな浸透力により毛穴の奥まで届けるので、育毛効果の持続力があがる

リグロースラボM5が他の商品に比べて効果が期待できるのは、「成分×浸透力」の条件が揃っているからだ。

さらに、リポソーム技術は、有効成分を肌細胞に近いカプセル状にするので、肌への刺激も少ない

「有効な成分」を「必要な箇所」に「的確に」届けるので、頭皮アレルギーなどの心配が軽減され安心して使用する事が可能となる。

血圧降下剤のミノキシジルから育毛効果を発見

研究している男性

ミノキシジルは日本でただひとつだけの、「壮年性脱毛症への発毛効果が認められている成分」だ。
さらに、脱毛の進行を予防する効果があり、育毛剤市場では、この最も有効な成分をどう扱うかによって商品の差別化を図っている。

そんなミノキシジルだが、実は「発毛効果」の成分として研究されたわけでは無いという事実をご存知だろうか?

ミノキシジルは、もともと、毛細血管を拡張して血圧を下げる効果をもたらす薬だ。
つまり、血の流れを良くして血圧を下げたい、という時に使われる薬だったのだ。

育毛剤の副作用では良く、「動悸やめまいなど起こる可能性がある」という記載を目にするが、それもそのはず、ミノキシジル本来の働きである「血圧低下」と連動しているというわけだ。

では、ミノキシジルが発毛効果として使われ出したきっかけは何だったのか?

それは臨床試験での副作用の報告からだった。

「ミノキシジルを投与した壮齢男性は毛量が増加している」

同じ報告がいくつか続いた段階で、外用発毛剤としての可能性を追求し、効果が証明されていったわけだ。
更に一般用医薬品としての研究を重ね、今日のミノキシジルを配合した育毛剤がある。

通常、厚生労働省に一般用医薬品として認可されるのにはいくつかのチェック項目があり、認可までの期間が相当長い。

しかし、ミノキシジルは医学的な背景により認可の期間が短かったのだ。
リアップをはじめとした多くの育毛剤で使用されている事からも、その高い安全性が伺える。

リグロースラボM5の塗り方・使い方

髪を洗っている男性

リグロースラボM5は、頭皮に塗布する際に、スポイトタイプとスプレータイプを選ぶ事ができる。ヘッドの部分を付け替えが可能となっているのだ。
2タイプが同梱されているのも嬉しい所だ。

塗る量は、1日に2回、1回につき1ml(スプレーだと約2プッシュ)だ。

塗布した後、4時間以上の間洗い流さないようにする必要がある。
有効成分ミノキシジルを頭皮に浸透させて、効果を確実に発揮するための時間だ。

1日2回で4時間の間をあけるというバランスは、朝起きた後と、夜の寝る前に塗布するタイミングが最も定着しやすいだろう。

スプレーとスポイトのどちらが良いかという点に関しては、髪の長さで使い分ければ良い
薄毛部分の頭皮箇所に的確に有効成分を浸透させる事が目的なので、スプレーがスポイトのどちらがその目的にそった手段だろう?と考えて、使い分けるイメージだ。

また、塗布量1mlという点だが、スプレーでや約2プッシュと記載されている。
最初はスポイトにあるメモリを使って感覚として理解してから使用していくのが望ましい。

リグロースラボは、使った後に約2~4分間のマッサージするようにと推奨されている。
マッサージの際、爪があたって頭皮を痛める危険性があるので、指の腹を使い頭皮に浸透させるイメージで優しくマッサージをするようにしよう。

まとめ。リグロースラボM5の育毛成分と効果

さあ育毛男性と女性

「リグロースラボM5」は医学的な背景から生まれた安全性の高い有効成分「ミノキシジル」を、リアップ等と同じ5%配合している。育毛効果が期待できる商品だ。

  • 育毛有効成分「ミノキシジル」に特化している。
  • 育毛効果の条件である「成分×浸透力」が揃っている。
  • 「ミノキシジル」は厚生労働省に一般用医薬品として認可されている。

また、リグロースラボシリーズには、「リグロースラボM15」(シリーズ最大級のミノキシジル15%配合)、「リグロースラボM7α」(ミノキシジル7%とトリペプチド-1銅)などのラインナップがあり、効果や副作用への配慮に応じて選べる商品を安価で用意している。

リアップと同じミノキシジル5%という配合量でリアップの1/4の価格、という驚愕な事実で2018年の発売直後から「リグロースラボM5」はリピーターを増やし続けている。

「効果のある有効成分」を「確実に浸透」させて「最安値」で購入する事により、育毛活動をストレスなく継続したい人に強くおすすめできる。

「リグロースラボM5」を最安値で購入したい場合は、こちらの記事も参考にしてほしい。

リグロースラボM5を通販最安値でお得にゲット!日本産育毛剤リアップとの比較や個人輸入サイトの安全性を徹底分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です